むくみアルコール

お酒による「むくみ」や二日酔いがおきる仕組み

お酒をたくさん飲んだ後には、身体には次のような症状が出ます。

まず、「むくみ」、次に「尿量増加」、その次は「脱水&頭痛(二日酔い)」です。

 

このフルコースをしっかりと体験してしまう人が多いですよね。

 

アルコールの代謝の詳細な仕組みは、全てが解明されているわけではありません。

 

でも、ビールやワインなどのお酒をたくさん飲むと、

・血中アルコール濃度上昇
・体温上昇&血管拡張
・アルコール濃度を薄めるための水分欲求
・血管拡張
・静脈やリンパによる排出が間に合わない
・むくみ

といったステップが進むと考えられています。

 

飲み会の帰りに足がむくんで靴が履きづらくなっていたり、翌朝顔がパンパンにむくんでいるのはこのためです。

 

そして時間が経過すると共に、アルコール代謝のために水分をどんどん使い、また頻繁にトイレで水分を排出し、水分が不足して脱水状態になります。

 

それによってひどい頭痛の二日酔いになります。

 

こうなると、水分をできるだけ補充して脱水を解消する必要があります。

 

アルコールは水分代謝に大きな影響を与え、飲み過ぎるとむくみや脱水を起こします。

 

夏場には「冷えたビール」を「冷房の効いた」飲み屋で、「冷たくしょっぱい」おつまみを食べて、「たくさん飲む」ようになります。

 

これは「むくみ」と「二日酔い」を起こすにはピッタリの条件となるわけです。

濃いおつまみを控えて顔のむくみ対策

お酒を飲むと、翌日に顔が腫れぼったくむくんでる気がしませんか?

 

お酒を飲むときに濃い味のおつまみを食べていること多いですよね。

 

お酒に合うんですよね〜。

 

塩分の多いつまみ系が多くて、チーズ、塩辛、するめ、干物など。

 

でも、これが結構厄介なんです。

 

お酒を適量飲んでいる分には、利尿作用もありますから個人的には、そうたいしたむくみにはならないと思っています。

 

でも、飲み過ぎると、身体の水分も失われ、そこに濃い味付けの肴をとると、水分と塩分のバランスが崩れてしまいます。

 

まさに、むくむための仕組みづくりみたいなもんです。

 

それに、お酒を飲むとたいてい、すぐ寝てしまいますので、顔にむくみが表れます。

 

普段むくまない人でも、むくみための仕組みが進んでしまうので、顔にむくみが出てしまいます。

 

お酒を飲むときは塩分の多いおつまみを控えるよう心がけましょう。

 

いっそ、お酒を飲んだ翌日には人と会う予定を入れなければ、多少むくんでも気にしなくて済むようになるかも。

お酒を飲んだ翌日のむくみケア

お酒を飲んだ翌日には、顔も体もむくんでパンパンっていう経験はないですか?

でも、なんでお酒を飲むと、むくみが起きるのでしょうか?

 

【理由1】水分過剰摂取
お酒を飲むと、トイレに行きたくなりませんか?

 

これはアルコールによる利尿作用のせいです。

 

尿として体の水分がどんどん排出されてしまうので、身体が水分不測の危機を感じて、水分を欲しがります。

 

また、お酒を飲んでしまって、さらに水分不足の危機になる悪循環で、どんどん水分を飲もうとします。

 

この繰り返しの結果、身体の中が水分過剰になりむくみになります。

 

【理由2】血管内脱水
お酒を飲み過ぎると、血液の水分が血管から出始める血管内脱水が起きて、血液の濃度が高くなります。

 

しび出した水分は、細胞の中に余分な水分として入り込み、むくみの原因になるのです。

 

お酒の飲み過ぎで血管内脱水が起きると、身体は水分が多いのに、血液の中はドロドロなんて、不健康な状態になってしまいます。

 

【理由3】塩分の過剰摂取
お酒のおつまみは、味が濃いもの、塩分の高いものが多いのが普通です。

 

ですから、たくさん食べると体内の塩分濃度が高くなります。

 

そうなると体は元に戻そために水分補給をさせようと喉の渇きを起こします。

 

水分を摂れれば塩分濃度は保たれるようになりますが、水分を過剰に摂取しがちなのでむくみになります。

お酒とむくみの間には、深い関係があります。

 

一番いいのは、たくさん飲みすぎないことです。

 

でも、なかなか難しいことでもあるので、塩分を溜めこまない方法を紹介しましょう。

 

◆カリウムが多い食品をとる

カリウムには、余分な塩分を体外に排出させる作用があります。

 

カリウムをたくさん含む食品には、以下のようなものがあります。
・ほうれん草、にんにく、枝豆、レタス、カボチャ、さつまいも、納豆、落花生、ごま、わかめ、するめ、ビーフジャーキーニラ、ひらめ、ふぐ など。

 

おつまみの肴がいっぱいありますね。

 

◆むくみ対策

お酒以外でも効果的です。
○普段から冷たいものを摂り過ぎない
○体を冷やさない(服装や室温を工夫)
○体を中から温める(ハーブティーやお白湯を飲む)
○寝る時は少しだけ頭を高くする
○首から鎖骨にかけて撫でおろすようにマッサージする

 

むくみは肥満の元でもありますから、むくみは早期に解消しましょう。

お気に入りリンク集

ちんこを大きくする方法・・・・ペニスを大きくする場合はチントレや増大器具などあるんですが、やはり一番てっとりばやいのは増大サプリメントだったりします。どのように使えば効果が出るのか?そのあたりはこちらの増大サイトを見てみるとわかります。

更新履歴